PAN利用規約

 

この規約(以下「本規約」といいます。)は、東風津梁株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するチャット音声変換サービス「PAN」(以下「本サービス」といい、第3条第3号に定めるものをいいます。)の提供条件等について定めています。本サービスを利用していただくためには、本規約に同意いただく必要があります。また、本サービスをご利用している場合、本規約に同意しているものとみなされます。

 

第1条(適用)

1、ユーザー(第3条第1号に定めるものをいいます。以下、同様とします。)は、本規約に従って本サービスを利用するものとし、本規約に同意しない限り本サービスを利用できません。本サービスに関して当社が配布、配信する文書等に規定する内容(以下「個別規定」といいます。)は、当該ユーザーとの間で本規約の一部を構成するものとします。

2、本規約の内容と個別規定の内容が矛盾抵触する場合は、別段の定めのない限り、個別規定が優先して適用されます。

 

第2条(本規約の改定・変更)

1、当社は、当社の判断において、いつでも本規約の内容を変更又は追加できるものとします。変更後の利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、当社の運営するウェブサイト(https://panchat.app(理由の如何を問わず、当該ウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のドメイン等を含みます。)、以下「当社ウェブサイト」といいます。)又は本サービスに掲示された時点より効力を生じるものとします。

2、ユーザーが本規約の変更後も本サービスの利用を継続し又は本サービスを退会しない場合、当該ユーザーは、変更後の本規約に同意したものとみなされます。ユーザーは、随時、本規約の最新の内容を確認の上、本サービスをご利用ください。

 

第3条(定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところよるものとします。

(1)「ユーザー」

次条に基づき本サービスの利用者として登録された法人、団体又は個人をいいます。

(2)「有料ユーザー」

ユーザーのうち、有料版サービスを利用するために当社に対して料金を支払っているユーザーをいいます。

(3)「本サービス」

当社が提供する「PAN」という名称のサービス及びアプリケーション(アプリケーションの名称又は内容が変更された場合には、当該変更後のサービスも含みます。)をいいます。

(4)「有料版サービス」

本サービスによって提供されるサービスのうち、料金を支払っているユーザーに対してのみ提供されるサービスをいいます。

(5)「本サービス利用契約」

次条の規定に従い、ユーザーが本規約に同意して登録が完了した時点で、当該ユーザーと当社との間で締結される本サービスに関する利用契約をいいます。

 

第4条(本サービスへの登録)

1、本サービスのユーザー登録を希望する者(以下「ユーザー登録希望者」といいます。)は、本サービスをダウンロードの上、本規約を遵守することに同意し、当社の定める方法に従い、メールアドレス、クレジットカード情報等の事項(以下「登録事項」といいます。)を当社に提供することにより、ユーザー登録の申請(以下「ユーザー登録申請」といいます。)をすることができます。

2、当社は、ユーザー登録申請があった場合、別途当社の定める審査基準に従って審査し、当該申請を承諾する場合には、ユーザー登録希望者に対してその旨の通知を行います。

3、前項の場合、当社は、審査に必要な書類の提出を求めることがあり、ユーザー登録希望者は、当該書類を速やかに提出するものとします。ユーザー登録希望者が当該書類を提出しない場合には、当社は、ユーザー登録希望者の登録申請を拒否することができるものとします。

4、当社がユーザー登録希望者の登録申請を承諾する場合、当該ユーザー登録希望者に対し、ID及びパスワードを発行し、アカウントを付与するものとし、これによりユーザー登録が完了します。

5、当社は、第1項に基づきユーザー登録申請をしたユーザー登録希望者が、次の各号のいずれかの事由に該当する場合は、ユーザー登録を拒否することがあります。

(1)当社に提供された情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合

(2)ユーザー登録希望者が、本契約等を締結するための法的権利又は地位を有しない場合

(3)ユーザー登録希望者が、本サービス利用に際して、既にアカウント削除等のサービス利用停止措置を受けた又は受けている場合

(4)ユーザー登録希望者の故意又は過失の有無にかかわらず、過去に本サービスに関連して他のユーザー又は第三者との間で紛争(裁判に限らずクレームや請求などあらゆるトラブルを含みます。)が生じていた場合

(5)ユーザー登録希望者が本規約に違反する行為を現に行い、又は行うおそれがある場合

(6)ユーザー登録希望者が欧州経済領域(欧州連合加盟国、アイスランド、リヒテンシュタイン及びノルウェーをいう。以下も同様とする。)に所在している場合

(7)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味し、以下も同様とします。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合

(8)ユーザー登録を承認することが、当社の業務の遂行上又は技術上支障をきたすおそれがある場合

(9)その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

 

第5条(登録事項の変更)

1、当社は、登録事項その他のユーザーから収集する情報を、別途当社が定めるプライバシーポリシーに従い、適切に取り扱います。

2、ユーザーは、登録事項に誤りがあった場合又は変更があった場合、当社の定める方法により、自己の責任において速やかに、当該修正事項又は変更事項を当社に通知するものとします。なお、かかる虚偽、誤り又は記載漏れによってユーザーに損害が生じたとしても、当社は一切責任を負いません。

 

第6条(ID及びパスワードの管理)

1、ユーザーは、自己の責任において、本サービスに関するID及びパスワードを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。

2、ID及びパスワードがユーザー以外の者によって正しく入力されたとき、その者がユーザー本人であるとみなされ、ID及びパスワードを用いて行われたすべての結果又は責任はユーザーに帰属します。

3、ユーザーは、アカウントが盗用され又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

4、ID又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任はユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

 

第7条(料金の支払)

1、ユーザーは、別途当社が定める毎月定額の利用料を支払うことにより、有料ユーザー用の有料版サービスを利用することができます。利用料は、別途当社が定め、当社ウェブサイト又は本サービス上に表示するものとします。

2、前項の利用料は、ユーザーによる有料ユーザー用の有料版サービスの利用の有無又は有料版サービスの申込の時期にかかわらず、当社による有料ユーザーとしての登録が完了した日(以下「基準日」といいます。)に、当該基準日から翌月の当該基準日に対応する日の前日(その日が存在しない場合にはその直前日)までの1ヶ月分の利用料の支払義務が生じ、翌月以後も毎月、当該基準日に対応する日(その日が存在しない場合にはその翌日)に、次の1ヶ月分の利用料の支払義務が生じるものとします。

3、第1項の利用料は、法令及び本規約で定める事由を除き、本サービスがメンテナンス、障害その他のあらゆる理由により利用できなかった場合など、その理由を問わず、一切返金しないものとします。

4、有料ユーザーが第1項の利用料の支払を遅滞した場合、年14.6パーセントの割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

 

第8条(料金の改定)

当社は、当社が必要と判断した場合、ユーザーへ事前に通知することにより、有料版サービスの料金改定を行うことができるものとします。当社が有料版サービスの料金を改定した時点以降、ユーザーが本サービスの利用を継続した場合、当該ユーザーは、改定後の利用料金に承諾したものとみなします。

 

第9条(ポイント)

1、ユーザーは、本サービス上で利用できるポイントを、当社が指定する相当の対価を支払うことにより購入することができます。これによりユーザーは、ポイントを消費することにより、本サービスにおいてサービスの提供を受けるができます。

2、ポイントの取得単位、取得条件、利用条件その他の詳細は、弊社が別途定め、表示又は通知するところに従うものとします。

3、当社は、ユーザーが次の各号のいずれかの事由に該当するときは、ポイントの利用を停止し、又はポイントを失効させることができるものとします。

(1)ユーザーが不正な方法によりポイントを取得し、又は不正な方法で取得されたポイントであることを知って利用する場合

(2)ポイントが偽造又は変造されたものである場合

(3)ユーザーが本規約に違反した場合

(4)その他当社がユーザーのポイントの利用を不適切であると判断した場合

4、ポイントの有効期限は、ポイント購入日から6ヶ月間とします。期間が経過したポイントに関しては失効し、利用できなくなります。当社は、失効したポイントについて一切責任を負いません。

5、ユーザーは、ポイントについて、譲渡その他の処分、質入れその他の担保権の設定を行うことができません。

6、当社がポイントの払戻しを行わないことについて、ユーザーは予め承諾するものとします。

7、ユーザーが、本サービスの利用を終了した場合、ユーザー資格を喪失した場合、ユーザーがユーザー登録申請の際にユーザー登録のために当社に提供したメールアドレスのアカウントを削除・喪失した場合又は、ユーザーがユーザー登録申請の際にユーザー登録のために当社に提供した他のサービスのアカウントを削除・喪失した場合、ユーザーが保有するポイントは全て失効するものとします。なお、ユーザーが本サービスの利用を再開した場合、ユーザー資格を回復した場合、ユーザーがユーザー登録申請の際にユーザー登録のために当社に提供したメールアドレスのアカウントを回復等した場合又は、ユーザーがユーザー登録申請の際にユーザー登録のために当社に提供した他のサービスのアカウントを回復等した場合であっても、以前保有していたポイントは引き継がれません。

 

第10条(本サービスの利用)

1、ユーザーは、本サービスに関するユーザーの権利が限定的、非排他的、再許諾不可、取消可能であり、当社の知的財産権又は当社にライセンスを提供する者により提供されたライセンスの範囲内で本サービスを利用することに同意するものとします。なお、明確に記載がない限り、新たなサービス向上のための新機能もまた本サービスに含まれるものとし、ユーザーは本規約に従わなければなりません。

2、ユーザーは、本サービスの利用に際し当社から割り当てられた電話番号が、本サービスの登録期間中若しくは当社が本サービスの提供を止めるまで有効であること、及び当該電話番号に関連するすべての権利が当社又は当社に当該電話番号を割り当てる権利を提供している者に帰属することを了承するものとします。

3、ユーザーは、前項の電話番号が、本サービス利用契約が有効であるか否かを問わず、いかなる理由においても当社又は当社に電話番号を割り当てる権利を提供している者により変更され、又は他のユーザーに割り当てられる場合があることを了承するものとします。なお、これにより発生するユーザーの損失、損害について、当社は責任を負いません。

 

第11条(本サービスの利用制限)

1、ユーザーは、本サービスを利用するに際し、以下の各行為をしてはなりません。なお、当社は、これらの行為を調査する権利を有しますが、義務を負うものではありません。

(1)権利侵害に関する禁止事項

①当社又は第三者の著作権や商標権その他の知的財産権又は財産的利益を侵害するおそれのある行為をし、又は侵害すること

②プライバシー権や肖像権その他の人格的権利を侵害するおそれのある行為をし、又は侵害すること

③他者を不当に差別若しくは誹謗中傷し、他者への不当な差別を助長し、又はその名誉若しくは信用を毀損する、又はそのおそれのある行為をすること

④無断で他者に広告、宣伝若しくは勧誘のメールを送信すること、又は社会通念上他者に嫌悪感を抱かせる、若しくはそのおそれのあるメールを送信すること

⑤他者になりすまして本サービスを利用すること

(2)送信内容に関する禁止事項

①わいせつ、児童ポルノ若しくは児童虐待に相当する音声等を送信する行為、又はこれらを収録した媒体を販売する行為、又はその送信、販売を想起させる広告を送信すること

②詐欺、規制薬物の濫用、児童売買春、預貯金口座及び夫携帯電話の違法な売買等の犯罪に結びつく、又は結びつくおそれの高い内容を送信すること

③暴行その他の残虐な情報を送信すること

④人の自傷他害行為を誘引又は勧誘すること

⑤面識のない異性との出会いを目的とした情報

⑥法令、公序良俗又は一般常識に反する内容の情報

⑦その他、当社が不適切と判断する情報

(3)違法な行為等に関する禁止事項

①無限連鎖講を開設し、又はこれを勧誘すること

②違法行為(けん銃等の譲渡、爆発物の不正な製造、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、脅迫等)を直接的かつ明示的に請け負い、仲介し又は誘引すること

③違法な賭博若しくはギャンブルを行わせ、又はその参加を勧誘すること

④日本、米国その他の国における輸出管理及び経済制裁に関する法令等に違反して本サービスを使用すること

⑤前各号の他法律、条例、その他の諸法令、諸規則、又は公序良俗に反すること

(4)技術的な理由による禁止事項

①本サービスに対して改変、変更、改修、リバースエンジニアリング、分解、デコンパイル等をすること、又は本サービスから得られるソースコードやソフトウェア等を当社の書面による承諾なしに無断で使用すること

②本サービスを利用して緊急通報用電話番号や類似の緊急サービスにアクセスすること

③アプリケーション等から本サービスを介して音声通話を発信する際にユーザーが本サービスにおいて割り当てられたIP電話番号を発信者番号として指定しないこと

④法律又は行政等が規制する公衆電話網の利用方法に従わないこと

⑤本サービスにおいて当社が提供する電話番号から発信されたSMSを、他の電気通信事業者に直接リレーすること

⑥本サービスにおけるSMSを、不特定多数の者に対するマーケティングや広告等の目的に利用すること

⑦当社のネットワーク、サーバー等の設備(以下「対象設備」という。)や第三者の対象設備に悪影響を与える一切のプログラムを使用すること

⑧当社又は第三者対象設備に不正にアクセスし、又は蓄積された情報を不正に書き換え、若しくは消去すること

⑨ウイルス等の有害なプログラム等を送信すること

⑩当社又は第三者の対象設備に必要以上の負荷をかけること

⑪本サービスを利用して第三者のメールアドレスや電話番号等の情報を不当に収集すること

⑫その他、本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

(5)その他の禁止事項

①ユーザーが欧州経済領域に所在している場合、又はユーザーが本サービスを介して連絡を行う相手方が欧州経済領域に所在している場合に本サービスを利用すること

②当社が発行したID及びパスワードを適切に管理することなく、みだりに第三者に対して公開し、利用させ、又は利用できる状態におくこと

③いたずら又はスパム等、本サービスを利用して第三者に迷惑をかけた、又はかけるおそれがあると当社が判断する行為をすること

④通話時間等について当社が定める基準を満たさず本サービスを利用すること

⑤本サービスの円滑な提供に必要であると判断してなされた当社の指示に従わないこと

⑥本サービスの他のユーザーの情報を収集しないこと

⑦本サービスの他のID又はパスワードを利用する行為

⑧第三者になりすます行為

⑨当社が事前に許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、又は営業行為

⑩上記に掲げるほか、当社が不適当と判断する行為をすること

2、ユーザーが前項に掲げる禁止事項その他本規約に違反することにより、第三者から当社に対して何らかのクレーム、請求、抗議等(以下「請求等」という。)がなされた場合、ユーザーはかかる請求等を自らの責任で解決するものとし、万一かかる請求等に基づき当社に損害又は弁護士費用その他の支出等が発生した場合には、ユーザーは、当社に対してそのすべての損害及び支出等を賠償しなければなりません。

 

第12条(反社会的勢力の排除)

1、当社及びユーザーは、相手方に対して、本サービス利用契約が効力を発した日及び将来にわたり、自己又は自己の役職員が反社会的勢力に該当しないことを表明し、保証します。

2、当社及びユーザーは、相手方が次の各号に該当すると判断した場合、何らの催告及び損害賠償をすることなく本サービス利用契約を解約することができます。

(1)反社会的勢力である場合、又は反社会的勢力であった場合

(2)自ら又は第三者を利用して、相手方に対して以下の行為を行った場合

①違法あるいは相当性を欠く不当な要求

②有形力の行使に限定しない示威行為などを含む暴力行為

③情報誌の購読など執拗に取引を強要する行為

④被害者団体など属性の偽装による相手方への要求行為

⑤その他「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」で禁止されている行為

⑥相手方に対して、自身が反社会的勢力である、又は関係者である旨を伝えるなどした場合

 

第13条(秘密保持)

1、サービス利用契約の有効期間中か終了後であるかを問わず、ユーザーは予め当社の書面による承諾を得ない限り、機密情報を第三者に開示し、又はサービス利用契約の履行の目的以外に使用してはなりません。ただし、次の各号に掲げるもの、その他本規約に定める場合についてはこの限りではありません。

(1)開示又は知得の際に、ユーザーが既に保有し、又は公知であった情報

(2)開示又は知得後、ユーザーの責によらず、公知となった情報

(3)開示又は知得した情報を参照することなく、ユーザーが自ら独自に開発した情報

(4)開示又は知得後、ユーザーが機密保持義務を負うことなく適法に入手した情報

2、ユーザーは、前項の規定にかかわらず、適用法令、証券取引所の規則、裁判所の判決、決定、命令又は行政当局の決定、命令、指導に基づき機密情報の開示又は提供を義務付けられる場合には、当社に対して開示又は提供の必要性について速やかに通知するとともに、情報の機密性が最大限確保されるような方法により、機密情報の開示又は提供を行うことができます。

3、ユーザーは、サービス利用契約が終了した場合又は当社から求められた場合はいつでも、当社の指示に従い、遅滞なく、秘密情報及び秘密情報を記載又は記録した書面その他の記録媒体物並びにその全ての複製物等を返却又は廃棄しなければなりません。

 

第14条(権利帰属)

当社ウェブサイト及び本サービスに関する知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、当社ウェブサイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

 

第15条(連絡・通知)

本サービスに関する問い合わせその他ユーザーから当社に対する連絡又は通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社からユーザーに対する連絡又は通知は、当社の定める方法で行うものとします。

 

第16条(本サービスの停止等)

1、当社は、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの内容の全部又は一部を変更又は追加することができるものとします。

2、当社は、事前に、本サービス上又は当社ウェブサイト上への掲示その他当社が適当と判断する方法でユーザーに通知することにより、当社の裁量で、本サービスを終了することができるものとします。ただし、緊急の場合はユーザーへの通知を行わない場合があります。

3、当社は、以下各号の事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部を一時的に中断することができるものとします。

(1)本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を緊急に行う場合

(2)アクセス過多、その他予期せぬ要因でシステムに負荷が集中した場合

(3)コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合

(4)電気通信事業者の役務が提供されない場合

(5)地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(6)火災、停電、その他の不慮の事故又は戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等により本サービスの提供が困難な場合

(7)法令又はこれらに基づく措置により本サービスの運営が不能となった場合

(8)その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合

4、当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

 

第17条(退会)

1、ユーザーは、当社所定の方法で当社に通知することにより、本サービスから退会し、ユーザー登録を抹消することができます。この場合、当社は、既に受領した料金やポイントを一切返金しません。

2、退会にあたり、当社に対して負っている債務がある場合は、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

3、ユーザーは本サービス退会後も、当社及びその他の第三者に対する本利用契約に関する一切の義務及び債務 (損害賠償を含みますが、これに限りません。)を免れるものではありません。

4、退会後のユーザーの提供した情報の取扱いについては、第22条の規定に従うものとします。

5、退会後、再度本サービスの登録を希望する際は、再度登録手続を行う必要があります。ユーザーは再度の登録手続後、退会前のデータが引き継がれないことを予め承諾するものとします。

 

第18条(当社による解約)

1、当社は、当社の判断により、いつでもサービス利用契約の全部又は一部を解約することができます。この場合、当社は、既に受領した料金やポイントを返金しません。

2、当社は、ユーザーが以下の各号に該当する場合、直ちに本サービスの利用を停止し、又はユーザーから受領した料金やポイントを一切返金することなくサービス利用契約の全部又は一部を解約することができます。

(1)料金の支払いが遅延し、又は遅延するおそれがあると当社が判断した場合

(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3)支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

(4)1ヶ月以上本サービスの利用がない場合

(5)当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合

(6)第4条第5項各号に該当する場合

(7)破産その他の倒産手続等の申立てを受け、又はユーザー自らこれらを申し立てた場合

(8)本規約の定める義務に違反した場合

(9)その他、当社が本サービスの利用、ユーザーとしての登録、又はサービス利用契約の継続を適当でないと判断した場合

3、前項各号のいずれかの事由に該当した場合、ユーザーは、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。

4、当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

 

第19条(保証の否認及び免責)

1、当社は、本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、ユーザーによる本サービスの利用がユーザーに適用のある法令又は業界団体の内部規則等に適合すること、及び不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。

2、当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、ユーザーが本サービスに送信したメッセージ又は情報の削除又は消失、ユーザーの登録の抹消、本サービスの利用による登録データの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関してユーザーが被った損害(以下「ユーザー損害」といいます。)につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

3、当社は、本サービスが全ての情報端末及び情報端末のOSのバージョンに対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ユーザーは予め了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません

4、本サービス又は当社ウェブサイトに関連してユーザーと他のユーザー又は第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、当社は一切責任を負いません。

 

第20条(ユーザー情報の取扱い)

1、ユーザーが本サービスに送信した情報(以下「ユーザー情報」といいます。)の当社による取扱いについては、別途当社プライバシーポリシー(https://panchat.app/privacy)の定めによるものとし、ユーザーはこのプライバシーポリシーに従って当社がユーザー情報を取り扱うことについて同意するものとします。

2、当社は、ユーザーが当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、ユーザーはこれに異議を唱えないものとします。

 

第21条(損害賠償)

1、ユーザーは、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその全ての損害(弁護士等専門家の費用及び当社人件費相当額を含みますがこれに限りません。)を賠償しなければなりません。

2、ユーザーによる本サービスの利用に関連して、当社が、他のユーザーその他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合、当該ユーザーは、当該請求に基づき当社が当該第三者に支払を余儀なくされた金額及び当該請求に係る紛争等の解決のために当社が負担した金額(弁護士等専門家費用及び当社人件費相当額を含みます。)を賠償しなければなりません。

3、当社は、本サービスに関連してユーザーが被った損害について、一切賠償の責任を負いません。なお、公序良俗違反その他の理由により、本項その他当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社がユーザーに対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任の範囲は、当社の責に帰すべき事由により現実に発生した直接かつ通常の損害に限られるものとし、かつ、損害の事由が生じた時点から遡って過去3ヶ月間にユーザーから現実に受領した本サービスの利用料金の総額を上限とします。

 

第22条(権利義務の譲渡)

1、ユーザーは、当社の書面による事前の承諾がある場合を除き、サービス利用契約に基づくユーザーの権利若しくは義務、又はサービス利用契約上の地位について、第三者への譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。

2、当社が、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、又は当社が消滅会社若しくは分割会社となる合併若しくは会社分割等により本サービスにかかる事業を包括承継させたときは、当社は、当該事業譲渡等に伴い、本サービス利用契約上の地位、権利及び義務並びに登録事項その他のユーザーに関する情報を当該事業譲渡等の譲受人又は承継人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、予めこれに同意するものとします。

 

第23条(分離可能性)

1、本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該無効又は執行不能と判断された条項又は部分(以下「無効等部分」といいます。)以外の部分は、継続して完全に効力を有するものとします。当社及びユーザーは、無効等部分を、適法とし、執行力をもたせるために必要な範囲で修正し、無効等部分の趣旨及び法律的・経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。

2、本規約のいずれかの条項又はその一部が、あるユーザーとの関係で無効又は執行不能と判断された場合であっても、他のユーザーとの関係における有効性等には影響を及ぼさないものとします。

 

第24条(存続規定)

第7条第2項及び第3項、第9条第7項、第13条、第14条、第16条第4項、第17条第2項乃至第5項、第18条第4項、第19条、第20条乃至第24条、第26条、本条並びに条項の性質に鑑み当然に存続すべき規定は、サービス利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

 

第25条(準拠法及び合意管轄)

本規約は日本法に準拠するものとし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、訴額に応じ、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第26条(協議解決)

当社及びユーザーは、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。